LOVE CUT (ラブカット/愛のカット)

LOVE CUT EPISODE

自分達にはまったく関係のない事で、別世界の出来事でした。

以前から開発途上国の貧困状況は知っていましたが、自分達にはまったく関係のない事で、別世界の出来事でした。
アロールは既婚者も多く、幼い子持つスタッフが沢山います。近年は、どうしてもそういった貧困問題に苦しむ子供たちの姿に自己投影してしまいます。
悪な生活環境を強いられている途上国の子供たちの顔に、我子がダブってしまうと豊かさに感謝する反面、不平等さに心が傷みます。
もし、我子がこの子たちの立場だったら。。。
もし、いっしょに歌ったり、ボールを蹴りあった友人だったら。。。
私たちは、どう感じ?どう動くだろう?
多くの事を考えさせられます。
子供たちは生まれてくる場所を選べません。
もしかしたら、自分たちも恵まれた国に生まれて幸運だったのではないしょうか?

多くのものを手放す事ではなく、少なくとも私たちは、それぞれできるレベルでの支援が必要だと思います。
大切なのは、どれだけ沢山の事をしたかではなく、どれだけ心を込めたかです。
私たちは、毎月今できる継続的な支援をしたいと思います。
少しの行動で、笑顔の子供たちが増えたなら、その子たちはもっとハッピーな世界を協力し合って創っていくのかもしれません。
自分に誇れる為に、子供たちのより良い未来の為に、多くの方のご協力、支援をお願い申し上げます。



ご両親や先生、指導者の方へ

同じ世界に生きている連帯感を感じ良心を育てることは、可能でしょうか?

例えば、慈善活動は教育だと思います。
偽善活動ではなく、真に恵まれない人たちともつながっていて、自分の行動がその人たちの人生をも大きく好転できると感じたとき。。。
同じ世界に生きている連帯感を感じ良心を育てることは、可能でしょうか?
現在、様々なイジメや少年犯罪等の問題があると思います。
その芽生えてし悪の芽を摘むというよりは、今まで不運な環境で日陰に置かれていた芽をそっと日の当たる場所に植え替えて、違う世界に目を向けてあげる事ができないかと。。。
抑止ではなく、育てる事によってより良い社会ができる事を期待してます。



途上国の現状

恵まれた国の子から恵まれない国の子供たちへ

同じ世界に生まれ、同じ時代に生まれ、少し場所が違っただけの

『恵まれた国の子から恵まれない国の子供たちへ』

世界では、3秒に1人、毎日3万人の子どもたちが防ぐことができる病気で命を落としています。
世界では、5秒に1人、生きるために必要な栄養が得られないために命を落としています。
6億人以上の子どもたちが、一日1ドル以下で暮らさなければならない家族の中で生きています。
開発途上国では、7人に一人の子どもが5歳の誕生日を迎えることができません。
全世界で推定2億5,000万人の子どもたちが労働についており、そのほとんどが危険で搾取的な状況下にあります。
8歳ほどの幼い子どもたち30万人が、戦争の最前線で兵士として使われています。

私たちは、人種や国境に関係なく同じ地球に生まれた子どもたちが幸せに生活できることを願い、『子どもの権利条約』に共感し活動しております。

  1. 生きる権利
    病気から守られ、けがや病気をしたら治療を受けられること
  2. 育つ権利
    教育を受け、休んだり遊んだりできること
  3. 守られる権利
    あらゆる種類の虐待や搾取などから守られること
  4. 参加する権利
    自由に意見を表したり、集まってグループを作ったり、自由な活動を行ったりできること



熊本の社長.tv

アロールオンライン講習配信開始

熊本の記念撮影、前撮りを変えて行く!デジタルフォトパック

熊本初チャリティカット ラブカット

まつ毛エクステ

ジェルネイル

アロールオリジナル!新しいエクステ『デコルテ』

ヘッドスパ

アロールの成人式 熊本の成人式

アロールの成人式 熊本の成人式